Sponsored Link


今年も東京でも雪の時期がやってきましたね。

予報によると2月9日(土)から積雪おそれがあるとのことです。

土曜日ですので休みの方は外にでないのが一番でしょうが、土曜日出勤や外せない用事がある方も大勢いるかと思います。

また、車を使う方は雪の対策をしないと思いがけない事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

ですので、去年起きた電車や車に関するアクシデントをおさらいしながら、その対策についてまとめてみましたので参考にしてみてくださいね!

電車はどうなる?去年を例に見てみよう

まずは去年のJR運行状況を見てみましょう。

大惨事ですね…。

駅では人がごった返し、100分もの間寒さで震えながら電車を待つことに…。

想像しただけでも鳥肌が立ちますよ…笑

今回の雪でも電車がこうなることは予想できますので、デートでしたら別の日にするのが賢明な判断でしょう…。

…ですが、「どうしてもその日じゃなきゃダメなんだ!」という方も中にはいらっしゃると思います。

ということで、どうしても電車を使わなければ行けない方向けに対策をいくつかご紹介したいと思います!

遅延は覚悟して待ち時間の対策をするのが吉!

都心部の鉄道は雪国のそれより対策ができていませんので、例年のように電車が遅れるのはプランに織り込んでおくほかないでしょう。

となれば、電車を待っている間に起こりうる障害について対策したほうがいいですよね!

防寒対策はしっかりと!首、手首、足首には要注意!

電車を待つ間、外気にさらされた極寒の中で100分もの間待たなくてはいけません。

ですので防寒対策はいつも以上に施しておくことに越したことはないでしょう。

特に首、手首、足首は皮膚が薄いので、そこの防寒対策が不十分だと体温が下がりやすいのです。

首にはタートルネック+マフラーなど、手首は手首ウォーマー、足首にはブーツやユニクロで販売されているヒートテック効果がついた靴下を履くなどして対策をしてみてください!

スマホのタッチができる手袋を使う!

普通の手袋をしているとスマホを使う際にいちいち手袋を外さなくてはいけませんよね。

私も普段のようにちょっと寒いくらいなら我慢して手袋を外してスマホをいじるのですが…今回は話が別です。

外は雪。そんな中で手袋を外そうものなら一瞬にして寒さで真っ赤になってしまいますよ!

雪で運行状況などスマホで調べなくては行けないケースも考えうるなか、スマホが使えないのはかなり不便です。

そこでつかえるのがスマホ対応の手袋!

わざわざ寒い思いをして手袋を外さなくても、手袋を着けたままスマホを使うことができます!

普段もふつうに便利なので、この際買っておくのがオススメです!

トイレは必ず事前に済ませておくこと!

駅は人がごった返していますし、トイレも尋常じゃなく込んでいるであろうことは容易に想像できます。

ですので駅に突入するまえにトイレは済ませておいた方がいいですね。

寒いですしトイレの感覚も早くなってしまうので、対策を怠ると地獄を見ることに…。

また、万が一の腹痛のために「ストッパー」などの薬もバッグに忍ばせておくと安心です!

スマホは寒さにめちゃくちゃ弱い!

以前寒い中フィールドワークをしていた時なのですが、まだバッテリーが残っているにもかかわらず突然iphoneの電源が落ちた経験があります。

また、もともと私のiphoneは電池の減りが早い方なのですが、その日は尋常じゃないスピードでバッテリーが減っていました。

ですので、モバイルバッテリーは必ずもっていったほうが良いですね!

また、スマホの電源が落ちてしまったときは体温で温めて上げながらモバイルバッテリーで充電すれば再起動しますよ!

その際、カイロなどで直接暖めると画面が割れたり内部に水滴ができてショートする恐れがあるので注意です!

去年は車で大惨事に!対策は?

スタットレスタイヤは必須!

警視庁交通科も次のように注意喚起しています。

スタットレスタイヤやチェーンを巻くなどして、運転に最新の注意を払わないとスリップ事故を起こしかねません。

実際に去年の雪でも事故が多発しています。

警視庁統計で、22日16時30分~18時00分までの90分で起きた交通事故は、人身事故22件、物損事故377件。18時から21時までの3時間で、人身事故10件、物損事故174件が新たに発生した。その後は交通量も減少しているためか、21時00分から24時00分までの3時間の新たな人身事故は6件、物損事故は94件だった。

引用:積雪、東京都心でも20センチ超で、物損事故90分で377件

もし準備ができない場合は車での移動は控えるべきですね!

ちょっとなら大丈夫だろう…という満身が去年のこの結果になっていると思うので…。

食料品や生活必需品、ガソリンまでもが品切れ!

去年東京で積雪したときは動けない車が立ち往生してしまってにっちもさっちもいかない状態になってしまったとか…。

雪が降ると外に出たくありませんもんね…。

となると、食料品や生活必需品の買いだめをしておこう…と皆考えるわけで。

実際に雪が降ってからでは時すでに遅し。。。スーパーやコンビニはすっからかん…なんてことになりかねないのでご注意を!

意外だったのがガソリンが在庫切れですね!

私個人としては雪だから車の運転は怖いし、わざわざ車を使ってまで外に出たくはないのですが…。

でも、どうしても外出しなければならないときに、寒い思いをする徒歩を選ぶよりは社内が暖かい車を選ぶ方が楽ですもんね。

おそらくそういう心理で普段より車の使用率が上がることでガソリンの需要が高まるのでしょう。

品切れ対策はどうする?過度な買いだめはNG!

品切れ対策は雪が降るまえに前もって買い物は済ませておくこと…なのですが、当然ですが同じように考える方が大勢います。

ですので、必要以上の買いだめをしてしまうと多くの人に迷惑がかかってしまうことに…。

東京の雪なんて降り続くわけでもありませんから、落ち着いて自分が本当に必要な分だけ買うようにしてくださいね!(*´ω`*)

また、ガソリンの方も雪が降るまえに残量をチェックしておきましょう!まだ少し残ってるし…と満身していると悲惨なことになりかねませんので…笑

ホワイトアウトに注意!事故死の危険も!

ホワイトアウトとは雪や霧などによって視界がゼロになってしまう現象です。

車を運転していて視界が見えない…なんてめっちゃ怖いですよね。

実際に去年も事故が起きているようです。

一歩間違えれば事故死する可能性もあるわけで…対策は必須ですね。

ホワイトアウトに遭遇したときの対処法

実際にホワイトアウト現象に遭遇したときは落ち着いて以下のように行動してください。

  1. ハザードランプを点灯させ、走行軌跡を頼りにゆっくり走行する
  2. ハザードランプを点灯させ、左側の路側帯に停車する
  3. 前方に車がいた場合は、車間距離を保ちながら追走する
  4. 後続車に危険を知らせるためブレーキを軽く踏みランプを点灯させる

引用:【視界ゼロ】ホワイトアウトの対処法って?

対処法を知らない状態で突然視界が真っ白になったらパニックを起こしてしまう可能性も十分に考えられます。

ですが、前もって対処法を頭に入れておけば落ち着いて行動をできるでしょう。

雪の日の運転に慣れていない人は特に準備を念入りにしておくのが吉ですね!

ワイパーが雪でぺしゃんこに!

今年も積雪の予報が出ていますので、ワイパーを立てておかないとこちらの方と同じくワイパーがぺしゃんこになってしまうので注意!

4万円は痛い出費ですよ…。

しかもワイパーが曲がってしまったということは雪が降ってる中の車の運転もできなくなりますからねー。

二重に痛い思いをすることに。

積雪前はワイパーは必ず立てておくこと!

繰り返しにはなりますが、対策はワイパーを立てておくことだそうですね!

そういえば雪の日にワイパーを立てている車をよく見かけましたがそういうことだったのですか…私も初めて知りました!

LEDライトの車は要注意!ライトが見えない現象

雪で視界が狭くなっているなか、ライトは車の存在を周囲に知らせる大事な役目をもっています。

そんなライトが見えなくなったら…後続車から追突される危険性があるってことですよね…。

ランプの雪はこまめにおとして対策!

先程ホワイトアウト現象についてお話しましたが、その主な対策はハザードランプを着けて待機するというものでした。

その際、雪でLEDライトのテールランプが雪で覆われて機能していなかったら、後ろから走ってきた車から追突されてしまう危険があるってことですよね。

ですので、ランプの雪はこまめに落としてしっかりライトが見える状態にしておきましょう!

Sponsored Link

雪対策は念入りにしておくのが吉!

いかがでしたでしょうか。

雪によるアクシデントのケースは多いので、ちょっと用心し過ぎかな?くらいがちょうどいいと思います。

最後にもう一度各項目をまとめてみましたので電車や車を使う予定の方は今のうちに準備をしてみてくださいね!

 

■電車編
・防寒対策はしっかりと!首、手首、足首には要注意!
・スマホのタッチができる手袋を使う!
・トイレは必ず事前に済ませておくこと!
・スマホは寒さに弱いのでモバイルバッテリーは必須!
 
■車編
・スタットレスタイヤは必須!
・食料品や生活必需品、ガソリンまでもが品切れ!
・ホワイトアウトに注意!
・ワイパーは必ず立てておく!
・LEDライトの車は要注意!ライトが見えない現象
 

Sponsored Link