Sponsored Link


羽生結弦選手がフィギュアスケートでオリンピック連覇という偉業を成し遂げることができたのはひとえに母・由美さんの多大なバックアップがあったからです。

羽生結弦選手もインタビューでは、自分がここまで来れたのは母親の存在が大きいとたびたび語っています。

そんな母・由美さんですが、宗教にハマっているとの噂もあるようなのです。

宗教といっても何を信仰するのかなんてその人の自由ですし、なんら問題はないとは思うのですが…万が一危ないパターンだったら、と心配になってしまいますよね…?

これがきっかけで羽生結弦選手と仲が悪くなって…なんてことになったらその影響は計り知れないでしょう…。

しかも心配なのが、羽生結弦選手が母・由美さんに対して睨みつけるような厳しい態度をとっているのも映像に残っているという…。

そこで今回は羽生結弦の母・由美さんが宗教にハマっているのか?羽生結弦選手との仲はどうなのかをまとめていきたいと思います。

羽生結弦の母は宗教の噂はデマ?

まず、このような噂がたったのは羽生結弦選手の首についているペンダントのパワーストーンから始まりました。

羽生結弦選手には昔から顔なじみで絶対の信頼を置いている整体師の菊池さんという方がいるようなのですが、これはその方が作ったもののようです。

このパワーストーンは菊池さんが念を込めたシールが貼ってあるそうで、喘息持ちの羽生結弦選手はこれのおかげで呼吸が楽になったと語っているとのこと。

そんなスピリチュアルなエピソードからもしかして何かの宗教を信仰しているのではないか…という話が持ち上がり、、、

それは羽生結弦選手にとって最も存在の大きい母・由美さんの影響なのではないか…と噂になったというわけですね。

ですが、この噂は完全にデマだと言われています。

まぁ冷静に考えてこれだけで宗教が~というのは流石に無理がありますよね。

私も以前は腕にパワーストーンのアクセサリーをつけていましたが、それだけで宗教?なんて言われたことは一度もありませんしね笑

じゃあなんでこんな噂になったの?

羽生結弦選手の母は羽生結弦選手にべったりで、羽生選手をバックアップするためにカナダにも一緒についていって身の回りの世話をしています。

それはインタビューなどにおいても同じで、常に目を光らせているそう。

それゆえ記者も常に気を使わなければならず、それを疎ましく思った誰かが意図的に流したものかもしれないともっぱらの噂です。

記者に厳しいのは羽生結弦選手へ障害となりそうなものを一つでもなくそうとする母親の愛情ですし、当然の対応だと思うのですが…。

仕事をしなければならない記者の立場からすると面白くはないでしょうね。

羽生結弦と母・由美の仲はどうなの?

羽生結弦が母を睨みつけるシーンが話題に…

羽生結弦選手と母・由美さんの仲はどうなのでしょうか。

普通に考えて息子のサポートをするためにカナダにまでついていく母親との仲が悪い…なんてことは考えにくいのですが…。

ですが、こちらの動画では「おや?」と思える出来事が。

羽生結弦選手が大会の演技直前に手袋が両方共右手用であることに気づきます。

衣装は母が用意したもののようですが、それをみるや睨むような形相に…。

演技に集中したいときに重要な手袋に不備があった…となればイラりとしてしまうのは仕方ないのではないでしょうか…。

それに親子だから甘えてしまう部分もありますしね!これだけで不仲と判断するのは早計かなーと思います!

羽生結弦の母への想いにファンも涙…

羽生結弦選手は昨年の平昌五輪で2連覇を果たしたときに母への想いを語っています。

「試合後は忙しくてなかなか時間はありませんでしたが、一番最初にメダルをかけたのは母でした。母は、そばにいてくれるだけで十分な存在です」と母への感謝の気持ちを語り、母親との強い絆を感じさせた。 

引用:五輪を終えた羽生結弦、家族への感謝語る 「一番最初にメダルをかけたのは母でした」

母・由美さんのライフスタイルは息子・羽生結弦選手のサポートがほとんど。

もはや人生は自分自身のものではなく、息子・羽生結弦のためにあるといっても過言であありません。

母・由美さんがそこまで大切に思っていることを羽生選手に伝わっていないはずもありませんでした。

自分がこれまでたゆまぬ努力を捧げて掴んだ金メダルを一番最初にかけたというのは、それだけ強い絆で結ばれている何よりの証拠ですよね!

これからも親子二人三脚でより高みを目指して欲しいです!

Sponsored Link

母・由美さんにやたら悪い噂があるのは…?

母・由美さんは羽生結弦選手にベッタリで、まわりの人から見ると、ときに行き過ぎと感じてしまうような行動をしてしまうのも要因の一つかもしれません。

例えば、羽生結弦選手に恋愛禁止令を敷いているとか、携帯を持たせないようにしていたとか…このようなエピソードがあるのも事実です。

ですが、思春期で多感な時期に五輪で金を取るという偉業を達成するには、大人が環境を整えてあげるのも必要のように思います。

それを重箱の隅をつつくかのように持ち上げるのは、あまり気持ちの良いことには思えませんよね…。

まぁ結局のところ、羽生選手と母の不仲ネタや母の宗教などの悪い噂は、蓋を開けてみれば取るに足らないガセネタばかりでした。

反対に母・由美さんは息子想いの良い母親だというエピソードがたくさんありましたね!怖いというイメージが多いですが、今回の記事で優しい印象を持たれたのではないでしょうか。


Sponsored Link